岐阜県大垣市リラクゼーションsakuraのセラピストサイト

PS活用制度

PSとは

ed164_2
PS(プライベートスキル)とは、sakura以外で学んだリラクゼーション技能のことです。正確にはRelaxations Private Skill(RPS)ですが、略してPSと呼びます。

PS(プライベートスキル)の一例
ソフト整体/整膚/タイ古式マッサージ/カイロプラクティック/ロミロミ/ホットストーン/クイックマッサージ/ストレッチ/アロマオイル/ジェルネイル/ボディジュエリーなど。

 

・sakuraで学んだもみほぐし、足つぼ(フットリフレ)、オイルマッサージ、爽顔、燃焼オイル、ヘッドリフレ、角質取りなどのリラクゼーション技能をプライベートスキルと区別する時にはパブリックスキル(Public Skill)と呼びます。

※パブリックスキルの中でも「もみほぐし」と「足つぼ(フットリフレ)」は、sakuraアーティストとして活躍するための必須技能です。

※ジェルネイル、ボディジュエリー(他にカラーセラピー、数秘など)は、sakuraアカデミーの嘱託講師から学ぶこともできます。

・パブリックスキルとブライベートスキルはセラピスト個人が有する技能であることから両者を併せてパーソナルスキル(Personal Skill)と呼びます。いずれも頭文字はPSとなりますが、単にPSと呼ぶ場合はプライベートスキルを指すので注意します。

PS活用制度の目的

fn119

PS活用制度は「sakuraアーティスト志向」にもとづいたリラクゼーションsakuraの人材支援制度です。

本制度を利用することにより、リラクゼーション、エステティックに関する個人的なPSをsakuraの看板(ブランド)のもとで店舗施設を使用し、お客様に提供し報酬を得ることができます。

※このようなシステムは、同業者では自店メニューへの障害や他のスタッフへの影響、委託契約の束縛などの理由でほとんど見受けられません。

sakuraではPS活用の余地を検討し、将来に夢や目標や夢を抱くアーティストを応援するために本制度を設けています。

※たとえばアロマオイルの場合、sakuraのメインメニューの一つでもあるオイルマッサージと異なった手技や施術であってもプライベートメニューとしてお客様に提供することが可能になります(ただしメニュー名は区別されます)。

制度の運用と留意点

hm175_350a_2

・特別なケースをのぞき、PSのみを顧客に提供する営業勤務は原則として認めておりません。

・sakuraアーティストとして「もみほぐしマッサージ」と「足つぼ(フットリフレ)」の施術技能を有し、インターンを経過したsakuraアーティストであれば原則として本制度の応募が可能です。

・個人的なPSをsakuraのメニューとしてお客様に告知・宣伝し提供することから、実技によるPS技能の確認審査が必要となります。

・PSの主催協会または事業団体の明確な有資格者(たとえば整膚師など)である場合、上記PS技能の確認審査が免除または省略される場合があります。

・PSのメニュー料金、施術時間、報酬額(委託料)等は応募者と協議し、双方の合意によって決められます。

・sakuraの店舗施設、設備等によってPSを活用できる店舗や状況が限定されるケースがあります。

・医療行為となるPS(たとえば鍼灸、整骨等)はリラクゼーション業の主旨に反するため認めておりません。

・PS活用を前提に当店への勤務を希望する人は、面接時にその旨を述べ相談してください。

・PSの告知・宣伝に際しては、sakura-Web上のコンテンツとして公開するため、原則として顔写真の掲載やプロフィールの紹介等が必要になります。

・その他PS制度の運用については会社にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © さくらアーティスト All Rights Reserved.