岐阜県大垣市リラクゼーションsakuraのセラピストサイト

店舗支援

小口現金

アーティストのsakuraにおける事業活動を支えるため、店舗にはアーティストが自由に支出できる小口現金を用意しています。

・小口現金制度は第3期(2013.11.1~)から開始しました。

・金額は30,000円です。出費によって小口現金が減少し、新たに必要な支出に備えられない時には、連絡を受けて会社が補充します。

・店舗で継続して使用する商材その他消耗品等の不足は「消耗品買入依頼書」にもとづいて会社が補充します。

・小口現金は事業者であるアーティストへの支援制度の一つです。sakuraを良くするために必要な小口の支出(たとえば店内の装飾、POP制作、必要備品の購入など)に自由に活用することができます。

・その他レジ金庫の両替予備、代引など臨時の経費支払いも小口現金で行われます。

・小口現金の出納に関しては「小口現金出納簿」に所定の記入を行います。

大入り袋

店舗の1日の売上が報奨のための設定額を超えた場合には、その店舗に大入り袋(売上報奨金)が出ます。

・大入り袋の制度は第4期の後半(2015.5.1~)から実施しています。

・売上は、アーティストの委託手数料の算定要素である「施術売上」をさします。

・施術に関するギフト券、チケット類は販売日の売上に含めますが、物販による売上は含みません。

・報奨基準となる1日の売上額は、午前10時より午後12時までを受付とする店舗で120,000円です。

・営業時間が常時短縮している店舗は、それに応じて定めます(午前10時より午後8時までを受付時間とするは店舗は80,000円です)。

・大入り袋の金額は一律3,000円で、条件を満たせば何回でも出ます。使い道は店舗の自由です。

※第5期(2015.11.1~2016.10.30)の大入り袋の支給実績は延べ4回あります。

売上報奨金

店舗の月次売上があらかじめ定められた目標額を超えた場合、その店舗に売上報奨金が出ます。

・月次売上は、施術売上及び施術に関するギフト券、チケット類の販売額をさします。それ以外の物販等は含みません。

・目標額は月額2,500,000円です。営業時間の短い店舗は大入り袋と同様の比率計算で定めます。

・売上報奨金は定額ではなく定率で定め、達成した売上額の3%とします。

・売上報奨金の使い道は店舗の自由です。店舗の意向によって個人への分配を希望する場合には、会社が報奨金を当該月のアーティストのシフト時間で按分計算して支給します。

・上記で施術時間としない理由は、店舗売上への貢献は、非施術時間における共益作業を含むものとの判断によります。

※本制度は第6期(2016.11.1~)からの実施になるため過去の支給実績はありません。

PAGETOP
Copyright © さくらアーティスト All Rights Reserved.